注目銘柄 株 トレード

注目銘柄で株トレード!

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナンピン大虐殺

2013年06月26日(水)

今日はバイオ銘柄を中心に新興株が大暴落。
Yahoo掲示板の投稿数ランキング上位の銘柄が酷いことになっています。
これを見ても、今日だけで相当の個人投資家がやられています。
今回は私も結構やられました

130626_2931.png
130626_3668.png
130626_3674.png
130626_4587.png

スポンサーサイト

続きを読む


GW中の注意点

2013年04月28日(日)

GW満喫していますか?
4/30~5/2は会社の人もいれば、
休みの人もいるでしょう。

普段会社勤めしていて日中にトレードできない人も
「自由にトレードできる!」
と、意気揚々としていますよね?
(年末年始も同じですね)

今日はそんなあなたに1つだけ注意。
普段デイトレードをやり慣れていない人が
陥りやすい罠についてです。
Oh.jpg


慣れないデイトレで
日中ずっと値動きを見ていると、
ちょっとした動きにも反応して
「置いて行かれる!」とInし、
「もうダメだ~」と狼狽してOutする。
そんな感情売買になりがち。

今年からは信用取引が大幅に緩和され、
何度売買しても建玉可能額が回復します。
もちろん大きなメリットになるのですが、
逆に無駄撃ちが多くなるというデメリットもあります。

特に、上記のような感情売買をすると、
あっという間に損失が膨らんでいきます。
1つ1つの損切りは大したことが無くても、
1日トータルで見ると
ビックリするほどの損失になることもあります。


対処方法


感情売買による無駄撃ちを防ぐ方法。
それは、
・支持線/抵抗線を見極めて、超えたら行く、下抜けたら逃げる
・リスクを限定する(LC額に見合った枚数を購入する)


要するに、
「普段と同じトレードをする」
ということですね。


一つ、トレードをする上で忘れてほしくないことがあります。
それは、
「プロ意識を持つ」
ということです。

トレードは立派な職業。
決してギャンブルや単なる趣味ではありません。
そんな甘い意識では、いずれ退場します。

相場とは
百戦錬磨の強者達が、
感情的に売買する弱者から
資金を吸収して成り立つ所です。

ですので、
参加するのであれば
しっかりと武装して戦う必要があるのです!

その「普段のトレード」が見についていないのであれば、
このGW期間を使ってトレードの勉強に当てるのもいいかもしれません。
(本ブログで紹介しているような、
 良書を読む、教材を実践する、など)

みんなでプロフェッショナルになりましょう!


8589アプラス 売り禁から暴落へ

2013年01月10日(木)

昨夜、売り禁となったアプラス
本日は教科書通りの大暴落となりました。
これは押し目か、それとも崩落への序章か!?
130110_8589.png

2桁銘柄が急騰して200を付けてから暴落。
この感じ、昨年もありました。
そう、GNIです。
あっという間に2桁へ逆戻り。
数日で破産した人もいたでしょう。
110921_2160.png


今後アプラスがどうなるかはわかりません。
しかし、上記GNIと同じようになる可能性まで
考慮しておく必要があります。
なぜならそれが相場だからです。

もちろん、そうならない可能性だってあります。
大切なのは、幾ら以下になったら損切りするのかを予め決めておき
必ずそれを守って勝負することです。

それこそがリスク管理
長く相場の世界で生き残るコツです。


信用取引の規制緩和

2012年12月29日(土)

2013年1月4日の大発会より、ついに信用取引の規制が緩和されます。
信用取引を行なっている全ての人にとって最高のお年玉ですね!!

これまでの制度には2つの足かせがありました。

・建玉可能額は一度使うとその日は回復しない

・確定損の場合はその時点から建玉可能額が減少するが、
 決済益の場合は受渡日まで建玉可能額が増加しない


これが解消されます。

つまり、信用取引で回転し放題
shinyou-tatedamakanougaku.gif


更に、決済益もすぐに反映
shinyou-kessaieki.gif


メリットは計り知れません。
これまで、
・買値から上昇し過ぎて、
 「売りたくても、売ると買い戻せない」ため、
 売りどきを逃す

・建玉可能額一杯に買ってしまったため、
 損切りすべきところまで下がったのに、
 「反転上昇したら買い戻せないのが悔しい」ため、
 損切りできない

といったことが無くなります。


FXや先物取引では既に当たり前のことだったかもしれませんが、
ついに株トレードでも同じことができるようになりました。
昨年からずっと先延ばしにされてきた、この制度改正。
私も夢にまで見てきました。
これがとうとう現実に!!

制度の都合上、意図した手仕舞いができなかったあなたも、
これでプロディーラー(証券会社のディーラーは何度も売買できます)と同じ土俵に立ちました。
来年から値動きは相当激しくなることが予想されます
これまで以上にLC刈りが横行するかもしれません。
(ワザと個人が損切りするようなラインを切ってくること)

前人未到のこの制度改正。
楽しみな半面、リスク管理もこれまで以上に徹底する必要がありそうです。


踏み上げ相場

2012年12月18日(火)

たった“1週間”で、100万円の利益を実現!
株リッチ・プロジェクトのメルマガでも紹介されていたシャープが暴騰!
1週間で100円幅、率にして150%もの上昇です。
相当数の空売りが入っており、
完全に踏み上げ相場となっています。
121218_6753.png

買いポイントは高値181を抜けて
200を付けた日、もしくはその翌日です。
200割れLCを条件に勝負していれば、
たった1週間で100円幅!
地合いも良かったので、多くの方が買いで取れているのではないでしょうか?

ただ、空売りの入り方を見ると、
「これ以上上がらないだろう」
根拠のない値頃感から売りを入れて
踏みあげられている人も多そうです。

高値超えの空売りはLCポイントの根拠がなくなるため、
リスク管理上はノーガード
99勝していても1敗で全てを失う可能性のある、大変危険なトレードです。

地合いも手伝っているのでしょうが、
売るから上がる、まさに踏み上げ相場。
同じようなことが東電にも起きていますね。

高値を超えてから信用倍率を見て、
1倍を切っているようであれば
このように踏み上げ相場に発展する可能性が高くなります。
今後の参考にしてみてください!


株リッチ・プロジェクト

トレードの基礎から仕手株の売買まで
低位株売買といったらこの教材の右に出るものはありません
株リッチプロジェクト

本ブログ特製レポートは、
購入後すぐインフォトップから
ダウンロードできます!

プロフィール

白狼

Author:白狼
本ブログをご覧の個人投資家、
特に兼業の方を応援するべく
実践的な記事を公開していきます。

最新記事

カテゴリ

 
マーベロン FXの仕組み
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。